春音アリス*グラム/白恋サクラ*グラム【感想】

 


f:id:sin11271127:20210326221721p:plain

f:id:sin11271127:20210326221750p:plain

こんにちは。sinです。今回はNanaWind作品、『春音アリス*グラム』『白恋サクラ*グラム』の感想になります。

両作合わせて終わるまでに約一ヶ月近く掛かってしまいましたが、キャラが多い分、読み応えはかなりありました。

今作は、シナリオゲーの側面も持ちながらも、キャラゲーの側面も持ち合わせていて、飽きはなかなかありませんでしたが、少しだれてしまったところはありました。面白いんですが、共通√が長いので、そう感じるところはありましたね。ただ、ストーリー全体としては流れは良かったと思います。

主人公の瀬真颯太郎はかなりの善良人で、軽いいたずら程度では全く怒らず、常ににこやかでありながら、頭がキレて、大切な人たちを傷つける者には全く容赦のしない思いやりのある人物で、最近の作品ではなかなか見ることのない性格のいい主人公でした。

 オススメ攻略順は、優理→雪→耶々→一葉→エリサ

 

f:id:sin11271127:20210326225557j:plain

白羽 優理√

cv遥そら。生徒会生徒会長。物腰が柔らかく、誰にでも優しい事から、一部からは天使と呼ばれている。しかし、誰かと付き合っているなどの噂はなく、浮ついた話から少し遠い存在。

彼女の√が一番ストーリーに関与すると思っていたのですが、あーなるほど、そういうストーリーになるのね。と感じました。自分としてはパンチが効かなすぎて、少し退屈な部分はありました。

キャラは可愛くて、cvとも合っているのですが、シナリオがキャラを生かせていないと思いました。

Hシーンとしては、ヒロインみんな巨乳なので、その中でもワンクラス大きい彼女には多少の軍配がありました。他のヒロイン達にはない独自のHシーンも男ならみんな好きだなと思いました。

f:id:sin11271127:20210326233008p:plain

 

f:id:sin11271127:20210326230826j:plain

久遠寺 一葉√

cv津奈東風景。生徒会とは袂を分かつ存在の新生会管轄の風紀執行部の部長。颯太郎の幼馴染みで、数年ぶりに再会している。

正義感が強く、お堅いところもあるが、基本的には本人のために良かれと思って行動していることが多い。その反面、優しいところや、意外な一面も多い。

√後に可愛さを実感したキャラでした。何事も一生懸命で、なんとか成し遂げようと努力している姿は、力になりたいと思わせてくれる魅力がありました。

彼女自身好きでいてほしいという努力も感じるのですが、素の可愛さが破壊力ありました。

シナリオは個人的に好きなシナリオで、”二人で力を合わせて乗り越える”ということがひしひしと伝わってきて、この二人は本当にお似合いの二人だと思いました。

Hシーンは一葉らしいシーンが多く、恥じらいながらも颯太郎の要求に答えている姿がなかなかエッチで、可愛らしかったです。

f:id:sin11271127:20210326232224p:plain

 

f:id:sin11271127:20210327163608j:plain

神咲 エリサ√

cv奏雨。ある日突然ヘリコプターに乗ってやってきた転校生。

颯太郎と関わり、凛堂の勧誘を経て、黄昏部に入ることに。

時計塔建設にも関わる人物と深い関係がある。好奇心旺盛で、何でも興味を示す。

この√はミステリーが多いと感じました。颯太郎にとっても分岐点で、人生に大きな影響を与えたル√だったと感じました。 

Hシーンはヒロインの中で一番大きいヒロインだったのでパイズリシーンの迫力は凄かったです。

f:id:sin11271127:20210327165435p:plain

 

f:id:sin11271127:20210326230814j:plain

凛堂 耶々√

cvくすはらゆい。生徒会管轄下の部活、黄昏部という、俗にいうボランティア部の部長。基本的に自らが動く事を避け、颯太郎とエリサに現場を任せている。

頭脳明晰だが、糖分補給と称して激甘ココアをよく好んで飲んでいる。周りからはあまりの甘さに『凛堂ココア』と呼ばれる程のシロモノ。

共通√から二人はお互いを信頼し合っている仲で、√後は愛情も合わさり、二人の仲はさらに深まっており、照れたりといったシーンがかなり増えていました。

 颯太郎の恩人とも関わりが深く、まさかの接点に驚かせられた記憶があります。

 Hシーンは、黒髪ロングが白い素肌に映え、エッチさを増していたと感じました。

f:id:sin11271127:20210327163428p:plain

 

f:id:sin11271127:20210327165527j:plain

藤乃 雪√

cv杏子御津。新生会の書記。マイペースで、ゲームが大好き。新生会室にいると仕事を回されるため、すぐ片付けて黄昏部にゲームをしに来ることが多い。

高級料亭ふじのの娘で、料理の腕は一級品。コーンポタージュをよく好んで飲んでいる。

個別√は、雪の隠された不安が取り返しのつかないことになってしまい、颯太郎が奮闘する姿が描かれています。展開は良かったのでが、少し物足りなさを感じました。山場まで一気に駆け抜けていったので、あっという間に終わってしまった感じでした。

Hシーンはロリ巨乳を生かした体全体がアンバランスながらもエッチなシーンが多かったです。

f:id:sin11271127:20210327171114j:plain

 

f:id:sin11271127:20210327171637j:plain

瀬真 梢√

cv花寺香蓮。生徒執行部に所属する一年生。颯太郎の実の妹で、一葉と幼馴染みでもある。

常に兄の颯太郎の事を慕っており、颯太郎の前では完璧な妹を演じているが、その実ぐーたらな性格をしている。

個別√では、壮大な話ではありませんでしたが、兄妹愛の深まりを感じ、梢がいかに颯太郎のことを大切に思っているか伝わってくる言動がとても増え、思わずジーンと来てしまいました。

呼び方が変わった瞬間はクリティカルヒットを貰いました。

Hシーンは少なかったのですが、自分個人的に梢の事が好きで、奉仕してくれる姿やセックスする姿がよりエッチに感じました。

※白恋サクラ*グラムから攻略可能になります。

f:id:sin11271127:20210327172950p:plain

 

f:id:sin11271127:20210327171623j:plain

橘 朝陽√

cv碧木梨/月詠梓。生徒会役員の一年生。同じ一年の梢とは仲が良い。

しっかり者で、優理の事を生徒会長として慕っている。

颯太郎のいる黄昏部の事をよく思っていないが、颯太郎の事は人として認めている。

√後のシーンでは、ワガママハイスペックOCの奏恋√と似た展開もありましたが、個人的に幸せな展開になっていたので良かったかなと思いました。

Hシーンは唯一パイズリシーンが他のヒロインより見劣りしますが、唯一の貧乳枠なので、作画もあり、これはこれでいいなと思いました。

※白恋サクラ*グラムから攻略可能になります。

※春音アリス*グラムWパッケージのみ攻略可能です。

※春音アリス*グラムと白恋サクラ*グラムとでcvが交代しています。

f:id:sin11271127:20210327212251p:plain

 

f:id:sin11271127:20210327212526j:plain

天雨 リリエト√

cv白月かなめ。春休みのある日、突然黄昏部を監査すると宣言し、やってきた謎の少女。

黄昏部の活動に触れ、考えを変えていく。

白恋サクラ*グラムに於いて、最も重要な人物で、彼女なくしてこの物語は語れないほどの人物。『永遠の白編』『永遠の白編Ⅱ』『永遠の白編Ⅲ』『永遠の白編Ⅳ』『永遠の白編Ⅴ』『永遠の白編Ⅵ』のメインヒロイン。

永遠の白編はメインのシナリオより濃く感じました。颯太郎の選んだとある未来の行く末。颯太郎を救ってくれていたのはリリエトだった。

個別後は、苦悩しながらも颯太郎共にいることを選んだリリエト。そんな彼女が精いっぱい愛情表現している姿が本当に可愛かったです。 颯太郎の事が本当に好きなんだんぁというのが言動から分かりやすいくらい伝わってきました。

Hシーンは、言葉選びがエッチで、各シーンでのエロスはだいぶありましたね。あとはおっぱいが大きかった。これに尽きます。

※白恋サクラ*グラムから攻略可能になります。

※春音アリス*グラムWパッケージのみ攻略可能です。

f:id:sin11271127:20210327215039p:plain

 

今作は続編の白恋サクラ*グラムにかなり力が入っているな、と思わせてくれる内容の濃さで、『桜雲旅行編』『異世界転生編』もあり、サブストーリーにも注力しているのが分かる完成度でした。攻略には時間がかかりましたが、それに見合ったボリュームで、多少のぐだり感さえ度外視すれは、長くやっていても飽きない作品でした。

OP、EDも素晴らしく、何度聞いても飽きない良さがあります。

長々と語ってきましたが、ガッツリプレイしたい人にはオススメできる作品なので、興味のある方は是非プレイしてみてください。今回はこの辺で。

 

sin

ガラス姫と鏡の従者【感想】

f:id:sin11271127:20210205230110p:plain

おはこんばんにちは。sinです。今回は、戯画作品、『ガラス姫と鏡の従者』の感想になります。自分としては戯画作品をプレイするのは初めてで、どんなストーリーになるのか楽しみで発売を今か今かと待っていた覚えがあります。

最初この作品の存在を知ったのは、シナリオライターの籐太さんのTwitterを拝見して知ったのですが、後にオープニングムービーが公開され、初めて聞いた時、これは「アタリ」だという直感があり、購入を決意した経緯もあり、プレイ前から期待度はかなり高かったです。それに答えるように完成度の高い作品だったので、個人的にかなり満足しました。

オススメ攻略順はアンリ→織姫→奈緒美→ベルです。

 

冒頭は主人公、瀧田駿介が十年前にベルナデッドと偶然の出会いをし、駿介がベルナデッドを守れる騎士になるため、従者になることを目指すところから始まります。

 

f:id:sin11271127:20210205231850p:plain

ベルナデッド・ヘンリエッタ・アイゼルストン√

cv月野きいろ。王候科一年。サンドリヨン学園では、パーフェクトプリンセスと呼ばれているが、その実ポンコツな部分や、感情表現が薄いところがある。

駿介の前ではかなりデレデレで、表情豊かで可愛らしい彼女だが、周りに壁を作ってしまっており、完全に馴染めずにいた。ただ、駿介と深く関わっていくことで、彼女の性格も気持ちも行動力もより強固になっていく。

きいろさんの声が合っていて、凛々しさもありながら可愛さもあり、好きなキャラの一人になりました。

Hシーンでは、ドロドロに交じり合うシーンもあり、かなりエッチでした。

 

f:id:sin11271127:20210205233400p:plain

アンリ=フランシス・ラ・ベルナールド√

cv柚原みう。突然失踪した兄の代わりにやってきたお姫様。周りにはバレないように男装しているが、バレそうになったことも多々。

個人的にかなり好きな部類のストーリーでした。胸アツ展開があり、そのシーンだけは目が離せませんでした。

兄の代わりをいつまで続けられる分からない。そんな中で二人が下した決断と決意は胸に来るモノがありました。

Hシーンは豊満なバストが特に魅力的でした。

 

f:id:sin11271127:20210205234224p:plain

佐々良 織姫√

cv藤崎紗矢香。王候科三年。隠れサークルの姫であり、佐々良財閥の一人娘。

独特な喋り方をするキャラで、初見では面食らう部分もありますが、√が進むごとにそれすらも愛しくなり、プレイ前よりさらに好きになりました。

個別√では、駿介にかなりぞっこんで、所作がなにもかも可愛くなってしまうほどでした。

Hシーンでは、年上ならではというか、キャラ性のおかげか、駿介にしてあげるシーンが個人的にかなり刺さりました。

 

f:id:sin11271127:20210205235204p:plain

城釜 奈緒美√

cv猫村ゆき。従士科一年の駿介のクラスメイト。駿介に助けられたことがあり、それ以来駿介に世話を焼く。

√前は、このキャラが一番ストーリーに関与しないのではないかと思っていたのですが、実はかなり関わっていたりしていました。壮大なストーリーを感じさせるお話で、まるでおとぎ話のようでありながらも、とても深いお話でした。

冒頭では常におどおどしていた彼女でしたが、駿介と関わるうち、強い意志を持ち駿介と共にいたいという気持ちを強める。

Hシーンはビックバンを威厳なくフル活用してました。個人的に陥没乳首は好きですが、苦手な人も多いんでしょうか。

 

今回は以上になります。シナリオが籐太さん、イラストが有末つかささんとSyrohいうだけで期待度の高い作品でしたが、その良さをたっぷり発揮してくれたかなと思いました。では、今回はこの辺で。感想などいただけると嬉しいです。

 

sin

ハピメア/ハピメアFrgmentation Dream【感想】

f:id:sin11271127:20201119230200p:plain

おはこんばんにちは。どうもsinです。今回は以前Twitterにて、皆さんの読みたいpurple作品の感想を募集したところ、一番票数が多かったpurple software作品、『ハピメア』『ハピメアFrgmentation Dream』の感想になります。

個人的にはハピメアはpurple作品の中で一番思い入れがありますね。プレイ順で言えば、アマツツミが初めてpurple作品でプレイし、その次にプレイしました。

作品を知るきっかけになったのは、YouTubeで「幻想楼閣」を初めて聞いた時にすごく気に入ってしまい、そこから作品をプレイするまでに至りました。恐らく、エロゲーにのめり込むきっかけの一端になった作品だと思います。世の中何があるか分かりませんね。

プレイしてみると、作品の世界観に完全に引き込まれ、作品を彩るキャラクター、BGM、背景、オープニングからエンディングまで全て素晴らしい作品だと感じました。

ストーリーとしては、「夢」がベースとなっていて、そこから主人公やヒロインたちの複雑に絡み合った人間関係や過去が展開されていきます。

 

主人公、内藤透は、夢だと分かっている夢・明晰夢に悩まされ、睡眠不足で疲れる日々を送っていた。ある夜の悪夢の中で、もう会えないはずの妹の舞亜、そして彼女の行いを止めようとする謎の少女有栖に出会う。それをきっかけに、現実と夢の世界が絡み合う不思議な毎日が始まる。

 

f:id:sin11271127:20201120200358p:plain

蓮乃 咲√

cv青山ゆかり。透の幼馴染で、透の事を兄さんと呼ぶ。警備会社の所長令嬢で、透の住むアパートも蓮乃の所有物である。

透の妹の舞亜と深い関わりを持っており、透とよくいるのも過去の出来事が関係している。

透の事をよく知っているので心配症なところもあるが、女の子らしい一面も持ち合わせつつ、小悪魔的な一面もある。

ストーリーに味を足している人物の一人です。透を昔から支えてきたので正妻的な立ち位置も感じさせられるキャラで、個人的に好きなキャラです。

透の事もいじったり、時にはツッコミに回ったりなど多彩な立ち回りがストーリーの面白さを引き立ててますね。

 

f:id:sin11271127:20201120202428p:plain

弥生・B・ルートウィッジ√

cv風音。科学部の部長で、帰国子女。透との付き合いも長い。

飄々としているように見えるが、真面目なことを考えていたり、現状把握や適応力が高い。

透の先輩でもあり、クラスメイトの彼女の姉でもある弥生。だが、彼女の過去は彼女を今も縛り付けていた。

個別√では、弥生√はかなり好きな部類ですね。時々読み返したくなるくらい好きです。弥生の人間性、性格、考え方、それらが伝わってきて、弥生を深く知ることのできるシナリオだと感じました。

おっぱいが大きので、Hシーンはかなりエロエロです。

 

f:id:sin11271127:20201120203533p:plain

平坂 景子√

cv青葉りんご。咲のクラスメイトで、駅前でギターを弾いている。

弥生とは犬猿の仲だが、実は似たもの同士。父親を嫌っており、透の家に泊まりたがることも。

良くも悪くも物語のかき乱し役によくされていた印象です。意外と甘えたがりなところや、一途さは見ていて可愛さを感じますね。

 

f:id:sin11271127:20201120204914p:plain

内藤 舞亜√

cv遠野そよぎ。透の妹で、咲の友達でもある。夢の中でのみ現れ、物語をかき乱していく。

透の困った顔を見るのが好きで、よく困らせたり、いじらしいことを言う。

透が前に進むことのできない原因でもあり、逆に背中を押してくれる存在でもある。彼女に捕らわれるとまさかの結末が待っている。

 

f:id:sin11271127:20201120205829p:plain

鳥海 有栖√

cv北見六花。夢の中に現れ、透たちの手助けをしてくれる、謎多き少女。この物語の根幹を担う少女であり、全ての始まりに大きな関係を持つ。

明るく、元気な性格でありながら、ナイーブな一面も感備えている。

彼女がいたからこそ解決したこと、彼女がいないことで背負う悲しみ。それらがひっくるめてこの話に集約されていると感じました。

 

f:id:sin11271127:20201119230221p:plain

ハピメアFrgmentation Dream

このお話は、明確な√としての話はほぼ無く、有子√が枝分かれし、本来の個別√に帰結するようになっていて、鳥海有子との新たな未来への話があり、ハピメアのその後。透の選択は、良くも悪くも、新たな可能性を見出す。

 

f:id:sin11271127:20201120211220p:plain

蓮乃 咲END

咲との先の未来のお話。二人の気持ちは尚も高まっていて、互いがいないことなどあり得ない、といったように感じました。お互いが求めあい、惹かれ合い、辿り着いた未来。妹みたいなどではない、一人の女性としての咲との未来。その先に幸せがあると信じて。

イチャラブHが多いので、見ていていいなぁと思うシーンが多かったです。

 

f:id:sin11271127:20201120211826p:plain

弥生・B・ルートウィッジEND

互いの気持ちをぶつけ合った二人はより深い所で繋がっていた。

弥生とのイチャイチャはかなりエッチなものが多いですね。弥生からも透に対して尽くしたいという気持ちと共に、居たいという気持ちが節々から伝わってきました。

 

f:id:sin11271127:20201120213116p:plain

平坂 景子END

景子からは、透との時間を大切にしたいという想いが言動から伝わってきて、嬉しくなるシーンもありました。可愛らしいシーンや透を取られまいとしている姿は愛らしかったです。

 

f:id:sin11271127:20201120213621p:plain

内藤 舞亜END

本来あり得なかった、起こってしまった舞亜との未来のお話。一度踏み込んだらもう戻れない。この選択が正しかったのか間違っていたのか、それすらももう分からない。

兄妹Hの背徳感もありながらも、新鮮さを感じたりしましたね。やっぱり兄弟だなぁと感じましたね。やはり妹は大切だった。

 

f:id:sin11271127:20201120214122p:plain

鳥海 有子√

cv北見六花。幼いころから難病持ちで、食べ物をあまり多く食べられない。この物語の大元でもあり、演者でもある。有栖とは深く繋がっている。

有子との日々を共に過ごした透にも変化が訪れていた。有子を大切に思い、助け、共に生きていくこと。夢で仲間たちと妹に背中を押され、幸せを掴むため奔走する。

キャラとしてはとても可愛く、欠点はあるものの、それを補って余りある良い所もある個性的なキャラでした。自分のハピメアの中での最推しキャラです。

 

どうだったでしょうか。個人的にはハピメアは凄く好きな作品なので、いろんな人にプレイしてもらえたら嬉しいです。みんな個性的で、好きになる人は多いと思うので、作品として楽しめると思います。感想などいただけたら嬉しいです。今回はこの辺で。

 

sin

鍵を隠したカゴのトリ【感想】

f:id:sin11271127:20201118221553p:plain

おはこんばんにちは。sinです。今回は、Cabbit作品、『鍵を隠したカゴのトリ』の感想になります。この作品は度重なる延期が続いたことで有名でしたが、実際作品的にはどうだったかと言うと、簡素になりますが、普通、という感想になりましたね。確かに考察できるところもあり、先が気になる展開でしたが、透子が無駄に尺稼ぎしているように感じてしまい、作品としての分厚さはあまり感じませんでした。バグもありましたしね。(パッチでも治らず)

 

物語は、主人公川蝉陽太の幼馴染みの、孔雀石透子が殺人の容疑で逮捕されるところから始まります。

そして、そこから共同生活することになった主人公を含む5人は、親や環境に恵まれなかった少年少女たちで、生活を共にすることに。

 

f:id:sin11271127:20201118223449p:plain

青葉梟 みおん√

cv風鈴みすず。過去に透子に助けられたことがあり、それ以来透子をずっと慕っている。

好きな人には自分の全て捧げて、一途に愛するヒロイン。小動物みたいなところもあり、可愛らしいキャラで、少しづつ信頼してしてくれているなというのが分かりやすいキャラで、個人的には結構好きでした。

Hシーンは巨乳を使ったシーンもありつつ、その存在感を余すことなく発揮していましたね。

 

f:id:sin11271127:20201118225642p:plain

燕沢 夜√

cv幸村とあ。母親をよく思っておらず、透子たちを信頼している。クラスの委員長。

今回の物語に大きく関わる人物のひとりでもある。優しくしっかり者で、料理上手でもある。

HシーンはイチャイチャH多めで、ちっぱいも良かったですね。

 

f:id:sin11271127:20201118231457p:plain

瑞葉 伊鶴√

cv水野七海。父をよく思って居らす、母も不在。自由奔放で、学校に来るのも気まぐれ。

事件のとは別のところで片棒を担いでいた人物。縛られず、自由に生きることで、父から離れようとしていた。陽太と出会うことで世界の見え方が変わり、未来を見据えて生きていこうとする姿は、最初とはガラッと変わっていました。二人は互いが求めあっていて、いい二人だなと思いました。

HシーンはスリルがあるHや、意外と大きいおっぱいが目立ったりしていました。

 

f:id:sin11271127:20201118232903p:plain

孔雀石 透子√

cvみよりあつむ。今回の物語、事件共にタイトル通り鍵を握る少女。陽太の幼馴染みで、両親は小さいころに他界している。我が強く、一度決めたこと滅多に曲げない。陽太をなにより大事にしている。彼女の行動が良くも悪くも事件に動きを起こし、ある人物を救う一矢になる。

下ネタもよく言い、食べることが何より好き。

Hシーンはイチャラブ多めで、互いが好き合ってることがよく伝わってきました。

 

いかがだったでしょうか。今作は、期待と少し反していましたが、事件の結末を見て腑に落ちたシーンもあったりしたので、サスペンス系が好きな人はプレイしてみてもいいかもしれません。では今回はこの辺で。

 

sin

さくらの雲*スカアレットの恋【感想】

f:id:sin11271127:20201020212133p:plain

おはこんばんにちは。どうもsinです。今回は、きゃべつそふと最新作、『さくらの雲*スカアレットの恋』の感想になります。今作はいい意味で予想の遥か上を行っていて、とても予想外の作品でした。

買う当初は、星恋ティンクルを既にプレイしていて、まぁいい話だったな。とおもっていたのですが、アメイジンググレイスが超酷評だったので薄い話なんだろうなと思っていました(ライターもアメグレのライターだったので)。

ですが、そんな予想を上回る面白さ感動があり、これは記事にせねばならないと思い、書かせてもらっている次第です。

自分は泣くときは基本我慢しないので、心にグッと来たら泣いてしまったりするのですが、今回は泣くことを我慢していたにもかかわらず、最後のシーンで我慢できず泣いてしまい、エンディングでも泣きかけてしまいました。

オープニングムービーが公開された際に見たときは、すごくいい曲だったので、神作の予感!なんて思っていましたが、本当に神作で、エロゲー史に残る名作だと感じました。

√構成は遠子→蓮→メリッサ→所長の順で固定でお話は進みます。

物語は主人公、風見司が桜の木で読書していたところ突然視界が真っ白になり、いつの間にか今から100年前の、1920年の東京にタイムスリップしてしまい、所長と出会うところから始まります。

 

f:id:sin11271127:20201020213712p:plain

不知出 遠子√

cv相模恋。資産家不知出家の一人娘。金銭感覚は一般人のそれとはズレている。

ストーリーの基盤となるこの√ですが、遠子の母親ととある人物との関わりが大きな展開を見せるお話です。

キャラとしてはお嬢様系なのですが、現代の知識がないため、司に教えてもらったり行動力のある性格から、思わぬ方向に展開したりと、いい意味で行動が読めないが、司に対しての信頼はとても厚く、共に生きると決めた司と彼女の道は決して簡単ではなかった。

Hシーンとしては、どんどん司色に染められていく様を見ることができます。エッチです。

 

f:id:sin11271127:20201020215155p:plain

水神 蓮√

cv如月たま。手先がとても器用で、達者な折り鶴や龍を折ることができる。絵を知り合いの男性から教わっているが、そのおかげで絵も上手い。

この√は敵将の腹を探り、真意と真実を手繰り寄せるお話です。その甲斐あって、次につなぐために重大な情報を手にします。

蓮自身はとてもいい子で、司に尽くそうとしてくれるのですが、その方向性が明後日に向かっていたりしますが、全て司の為と、彼女の性格の良さがよく出ている√でした。

Hシーンは、小悪魔系女子という言葉がしっくりくる感じでした。

 

f:id:sin11271127:20201020220640p:plain

不知出 メリッサ√

cv花宮すい。不知家に仕えるメイド。幽霊やお化けが苦手。料理の腕は偏っている。

この√は行き先不明のミステリートレインで起きる様々な出来事が予想外の展開を舞い込むお話です。メリッサの事を一番詳しく知ることができます。

キャラはとても可愛らしく、不器用ながらも司に尽くそうとしてくれる様は心に響きますね。

Hシーンは大きなおっぱいを使ったシーンがやはり魅力的ですね。

 

  _____さぁ、解決編を始めようか

 

f:id:sin11271127:20201020221830p:plain

所長√

cv猫田みけ。帝都でチェリィ探偵事務所を営むイギリス人女性。シャーロック・ホームズに憧れており、自らを「大正のシャーロック・ホームズ」と豪語する。

物語の真相、敵将の正体を突き止めるお話。主人公の隠された真実、そして過去や所長の名前も知ることができます。

キャラは物凄く立っていて、いいキャラしてるなぁと思っていました。凛々しくありながらも、可愛い部分も持ち合わせていて、司と恋人になってからの変わりようもこれはこれで好きだなぁと個人的に思いました。

そして、100年という大きな壁をすごく感じたお話でもあり、所長√だけでは成り立たない、他の3人との関わりが大きく二人の生末を変えたと感じました。

一本の桜の木の下での「未来人」と「探偵」の出会いが大正という激動の時代を変える出会いになる。

 

いかがだったでしょうか。自分は買う前と終わった後の作品の見え方が180度変わったなと思いました。今でもさくらの雲*スカアレットの恋を買おうか悩んでいる方がいれば、是非、買ってプレイしてみてください。感想をいただけると嬉しいです。

では、今回はこの辺で。

 

   百年の恋よ、萌え咲かれ_____

 

sin

ハミダシクリエイティブ【感想】

f:id:sin11271127:20201007230514p:plain

おはこんばんにちは。sinです。今回は、まどそふと作品の『ハミダシクリエイティブ』の感想になります。まどそふとの最新作ということで気になっていたので早速プレイしましたが、かなりの完成度の高さを感じました。

ストーリーも一貫性があり、他√で起きたことが現在の√でも起こるというような周りも時間の流れに沿った出来事が起きており、それを解決するために主人公が誰を1番に助けに動くか、そんなストーリーにも思えました。

今後の修正パッチ次第ですが、ギャラリーのCG表示の際に、ページ表示が消えないのが個人的にすごく不便で、CG回収がかなり苦労しました。

しかし、それ以外は申し分なしの満足度の高い作品だと感じました。

 

突然の生徒会長の失踪によって選ばれたのは妹のお金でソシャゲのガチャを回しまくる最低な主人公和泉智宏だった!?

そんな主人公の周りに集まるのはいろんなところから”はみ出し”てしまった面々。一体この生徒会は成り立っていけるのか!

 

f:id:sin11271127:20201007231312p:plain

和泉 妃愛√

cv柳ひとみ。兄をダメにする系妹。ひたすらに兄に世話を焼く。人気声優でもある。

最初に想像していたよりもゴリゴリにシリアスめなシーンが多いヒロインでした。端々から兄への愛情が溢れ出ていて、大切に思っていることが伝わってきました。

常に明るく、ツッコミも入れつつ、周りも明るくするような彼女にも背負うものがあり、贖罪しなければならないことがある。そんな妃愛のことがよく知れるお話でした。

一部シーンで思わず泣いてしまい、まさか泣くことになるとはと思ってしまいました。

Hシーンはイチャイチャ多めで、エロスは多いながらも、微笑ましさもありつつといった感じでした。

 

f:id:sin11271127:20201007233602j:plain

常盤 華乃√

cv秋野花。人気イラストレーターにして、智宏のクラスメイト。オタ女。

このキャラはもう可愛い。それに尽きますね。付き合ってからなんてもうずーーーっとイチャラブしてるわ華乃も智宏もエッチが好きなので、ずーーっとエッチしてるやらだったんですが、芯の部分はしっかりしていて、支えていかなくちゃいかないなと思わせてくれるヒロインでした。動揺したりすると口調が変わったりするのも可愛かったですね。

智宏が可愛い、可愛いと言うたびに本当にどんどん可愛くなっていって、もう後半は愛しさまで来てました。可愛い。

 

f:id:sin11271127:20201007234407j:plain

錦 あすみ√

cv紬雪乃。智宏が好きなVtuber。肉まんが大好き。

個別√に入ってからの尊さが最初に思っていたよりずば抜けていましたね。もう尊い

愛しさもあり、彼女と共にいるのは楽しいだろうなと思わせてくれるヒロインでしたね。前半はかなりおどおどした言動が多い彼女でしたが、後半につれ、自分の意志を強く持つ力、発言力があるヒロインへとなっていいて、智宏との関係がいい方向に向かった事が目に見て分かりましたね。

Hシーンは、自身の全てを使って智宏に尽くそうとする姿がとても可愛らしく、良かったです。

 

f:id:sin11271127:20201007235341j:plain

鎌倉 詩桜√

cv浜辺実雨。前生徒会長にして、ベストセラー作家。

カウントダウンムービーとの兼ね合いもあり、最初に攻略したのですが、最初は結構きつい性格の持ち主だったので、最初に持ってきたのは失敗だったかなぁと思いましたが、いざ個別√に入ると、前半とのギャップが凄まじくすごい甘えたになる所がかなり刺さりました。あと黒髪ロング巨乳年上お姉さん。完璧。

詩桜と智宏共に互いがいないと生きていけないような強い絆があり、いい二人だな、と思わせてくれました。

 

と、ここまで語ってきましたがいかがったでしょうか。個人的には買ってよかったと思える作品で、いろんな人に是非プレイしてみてもらいたい、と思える作品でした。皆さんも購入する機会があれば是非。では今回はこの辺で。感想などいただけると嬉しいです。

 

sin

枯れない世界と終わる花【感想】

f:id:sin11271127:20200922184819p:plain

おはこんばんにちは。sinです。今回は、SWEET&TEA作品『枯れない世界と終わる花』の感想になります。

この作品は人気が高く、知っている方も多いかもしれません。中古ショップであまり見かけないので、見かけたら買いです。

作品としてはかなり完成度が高く、話としてはまとまっていて、無駄な長さは感じません。キャラも個性が強すぎず、でも薄すぎない、いいバランスの作品です。
個人的な感想としては、シンプルにいい話だと思いました。

物語は、主人公のショウが、ハル、コトセ、ユキナが喫茶店をしている街にレンと共にやってくるところから始まります。

 

f:id:sin11271127:20200922185917p:plain

ハル√

cv沢澤砂羽。おだやかで、優しい。朝にはとても弱い。喫茶店ファミーユの料理担当。

この物語の始まりに深く関わるヒロイン。穏やかでありながらも、時に感情を出すこともあり、謎も多い彼女だが、物語が進むにつれとても味わい深いキャラクターへとなっていく。

個人的には、本編後のハルのデレさMAXな感じが好きですね。気持ちを全面に出しているので、とても可愛かったです。

大切なものを失い、それを追い求める彼女の姿が見れます。

 

f:id:sin11271127:20200922191153p:plain

コトセ√

cv夏峰いろは。三人の中で一番お姉さん。紅茶担当で、実はむっつり。

他人を突き放す発言をしたりする彼女ですが、それにも理由があり、本来の彼女はとてもやさしく、子供に甘い。

自分が一番好きなキャラで、デレた時の破壊力は昇天級ですね。あめとゆきさんの作画と夏峰いろはさんの声も相まって可愛さMAX。

彼女もまた、大切なものを失った一人で、突き放されながらもコトセとの距離を詰め、コトセの為に奮闘するショウの姿はとても良かったです。

 

f:id:sin11271127:20200922192914p:plain

ユキナ√

cv谷若葉。三人の中で一番末っ子。元気で明るい少女。小物作り担当。

常に明るい彼女だが、他人に壁を作っており、踏み込ませようとさせない。

少し強引にユキナの心を引きずり出し、ユキナの為に奮闘するショウは傷つきながらもカッコよかったです。

ユキナの思いと夢を聞いたショウとユキナの道が幸せであればいいなと思いました。

 

f:id:sin11271127:20200922193829p:plain

レン√

cv秋野花。本作のサブヒロイン。ショウに冒頭から懐いており、明るい少女。物語の根幹に当たるヒロインでもある。√は本編後開放。

主人公ショウのサポートに回りながらも、日常を楽しむ姿は見た目相応と言うべきか。とても可愛らしく、一緒にいて退屈しないキャラでした。

エッチシーンもあり、個人的にはめちゃくちゃ刺さりましたね。可愛い。

 

キャラとシナリオのバランスがいい作品も少ないので、とてもいい作品だと思います。主人公に対しても物語が進むにつれ判明するので、考察しながらプレイしていると楽しかったです。では今回はこのあたりで。感想などいただけると嬉しいです。

 

sin